うつ病の症状と大きく関わるストレスや自律神経について確認する

メンズ

新型うつ病

ハートと聴診器

新型うつ病の特徴としては、若い世代にその症状が多く見られるという点です。通常のうつ病は中高年の男性に対して症状が多く見られました。しかし新型うつ病は若い世代、特に女性に多く見られるという特徴があるのです。新型うつ病は、現在において診断の基準があいまいであり、厄介な病気とされています。
ここで、新型うつ病の特徴を見ていきましょう。新型うつ病にはいくつかの症状や傾向があります。まずは、抑うつ気分の表出です。突然涙があふれ出たり、とにかく急に気分が落ち込むのです。しかし、この症状は長く持続せずすぐに元通りになるとされています。
また、ちょっとしたことで傷つくことが多く見られます。日常生活においては、他人からの批判によって人は傷つくものですが、その度合いが非常に大きいのが新型うつ病の特徴です。この傾向は、他人を巻き込むことがあります。他人の言葉を勘ぐってしまうことから激しい攻撃性が表れたり、依存性が見られたりするのです。
他罰的な傾向が見られることも新型うつ病の特徴です。うつ病の症状に自責的傾向というものがあり、新型うつ病においてもそれは見られます。その一方で、自らを肯定し他者を批判する傾向もまた見られるのです。
気分の上下が激しいという点も新型うつ病の特徴です。抑うつ以外にも感情のコントロールが効かないことにより、他者に対して攻撃的になったりイライラや不安が表出したりといったような傾向が見られることがあります。
新型うつ病に対しては、通常のうつ病と異なる治療方法を用いなければならない場合があります。通常のうつ病であれば抗うつ薬を用いて治療することもありますが、新型うつ病の場合には投薬の効果が薄いことが多いです。そのため、投薬治療はあまり有効ではありません。また、うつ病を発症した方に対して励ましをすることは良くないと一般的に言われていますが、新型うつ病を発症した方に対しては、少し背中を押してあげる程度の励ましが有効な場合があります。新型うつ病の方が行なう攻撃性を伴った訴えへの対応として必要となってきます。通常のうつ病に比べて頑張るエネルギーが残っていることがあるため、時には多少の励ましが有効となるのです。ただし、すべての新型うつ病がそうとは限りません。慎重に対応を行なっていくことが求められるでしょう。より慎重を期すには精神科や心療内科での診察が有効です。
このように、通常のうつ病と似て非なるものが新型うつ病です。特徴を知ることで対策や予防へと繋がります。